特集!!|パワーワーク インタビュー「市場拡大中の大規模修繕。求められる職人に必要な資質。」ヤマギシリフォーム工業(株) 代表取締役 社長執行役員 山岸 大輔氏 | POWER WORK[パワーワーク]

現場を知る経営者から現場を知りたい読者

市場拡大中の大規模修繕。求められる職人に必要な資質。

需要拡大中のマンション大規模修繕。景気の良い業界ならば、仕事も安心して続けられるかもしれない! そこで集合住宅の創成期から大規模修繕を請け負い、業界トップクラスの実績を誇るヤマギシリフォーム工業の山岸社長から、その将来について伺いました。

ヤマギシリフォーム工業(株) 代表取締役 社長執行役員 山岸 大輔氏

ヤマギシリフォーム工業(株) 代表取締役 社長執行役員山岸 大輔

職人に価値を付ける多様な技能。選ばれる仕事になるために。

大規模修繕が求められるようになったのはいつ頃なのですか?

山岸 大輔氏(以下、山岸) 昭和50年前から徐々に増えてきました。ちょうど郊外に団地と呼ばれる集合住宅ができて15年ほど経過した頃ですね。当時は高度成長期の余韻がまだまだ残っている建設ラッシュの時代。大手のゼネコンは修繕まで手が回らない状況でした。そこで塗装工事や補修工事を請け負っていた弊社は、元請けとして大規模修繕に関わりはじめました。

今と昔の大規模修繕に違いはありますか?

山岸 現在、私たちが修繕している建物は、築15年程度の建物から築50年以上も経った建物まで様々。外壁の塗装や防水など、修繕内容は今も昔も基本的には変わりませんが、築年数によって経年劣化の状況は大きく変わります。一方、すべての建物で基準を満たした品質を提供しなければならないのは同じ。長年の経験や努力によって施工技術が上昇したことはもちろんですが、昔よりも扱いやすい材料の登場は、品質の安定化に大きく役立っています。

現在のリフォーム業界が持つ課題を教えてください。

山岸 入職者の減少は建設業界全体の課題。その中で若い人がリフォーム業界を選びたくなる魅力付けの必要性を感じています。
 その一つが職人の多能工化による価値づくり。
 例えば一人の職人が塗装、防水、シーリングなど様々な作業ができると、私たちも効率良く仕事を進めやすい。それは職人個人の価値が高まるということ。もちろんその価値はお給料に反映されなければならず、また昔の休みなく働いて稼いでいた時代ではありません。収入も労働環境も魅力的になるためには職人の価値を高めることが必要だと思います。

同社の明るいオフィス。IT活用された豊富な情報は、営業の強みとなっている

リフォーム工事は建設サービス業。人と人のつながりで仕事ができる。

技術の他に大切なことはありますか?

山岸 大規模修繕は住む人の生活空間に直結し、居住者の生活に配慮しながら工事を行う必要があります。そのためのコミュニケーション能力は、職人も現場代理人も、工事に関わるすべての人に求められることです。従って、技術力は当然ながら、ソフト面を重視した教育に力を入れています。
 建設業界の中でリフォーム工事の現場は、一般の方と接する機会が多い。その意味でも私たちの仕事は建設サービス業であると考えています。

今後も修繕工事の需要は増え続けますか?

山岸 新築マンションが立てば必ず大規模修繕の計画があります。それが10年後、20年後の私たちの市場になり、実際に拡大し続けてきました。これからこの業界に入る若い人達にとっては、大きな安心材料と言って良いでしょう。
 一方、安定した市場に厳しい競争はつきものです。だからこそ私たちは、そこに胡坐をかくのではなく危機感を持って新たな取り組みを始めています。
 これまで弊社の主力は集合住宅ですが、そこで私たちが蓄積したノウハウは、すべての建物に共通します。商業施設やオフィスビル、学校、病院、倉庫など非住宅のリフォームを新たな事業として活動を始めています。

建物をいつまでも快適に使う。リフォーム工事は社会貢献の仕事。

時代の変化に合わせた仕事内容の変化が大切なんですね。

山岸 これまで建設業は『スクラップ&ビルド』と言う概念が強く浸透していました。しかしここ10年ほど前から『ストック&メンテナンス』という言葉が徐々に注目されるようになりました。今ある建物を修繕することで長く大切に使うという考えです。今まで長く弊社が続けてきた修繕工事という事業。その活動自体が社会貢献である、という考えが広く知れ渡ったことは嬉しいことですね。  最近では大規模修繕によって建物を維持させるだけでなく、内外装のすべてを変更するリノベーションや建物の用途変更となるコンバージョンの要望も増えています。またSDGsの浸透により、様々な形で建物の再生が重要視されることでしょう。
 大規模修繕の将来は明るい展望だけでなく、さらに時代に合わせて変化していきます。これから働こうとする読者のみなさんには、将来の安心感と同時に自分の仕事の価値を創造できることに魅力を感じ始めて頂きたいと思います。

創業から165年以上の歴史が紹介されているヒストリーウォール。大規模修繕の歴史は同社の一部

今回の取材協力は……

ヤマギシリフォーム工業(株)


ヤマギシリフォーム工業(株)
☎03-3474-2900
https://www.ymgs.co.jp/


東京都品川区東品川1-2-5リバーサイド品川港南ビル3F
創業嘉永年間 設立1947年

日本全国のマンションを対象に年間約1万戸、累計28万戸の大規模修繕の実績を持つ大規模修繕工事の施工管理会社。職人は同社グループ会社が直接雇用。ドローンなど最新の端末を利用した遠隔管理など、施工管理の新たなビジネススタイルを構築中。

POWER WORK 242号 2021.7.5発行
撮影●桑原克典 構成・インタビュー●アドギガ

特集コンテンツ一覧に戻る

POWER WORK(パワーワーク)

建設業界を応援し続けるパワーワーク!!
POWER WORK(パワーワーク)は、建設業を中心に運送や資源循環、警備業など、様々な現場の求人情報をお届けしている媒体です。業界内で圧倒的な専門性と認知度を持っており、求人の掲載を通して、仕事のやりがいや職人という仕事の魅力を多くの方に伝えています。今後も求職者様と企業様の懸け橋となれるよう、わかりやすい情報配信に努めると共に業界全体の活性化、人材の育成や技術の継承を全力で応援してまいります。

このページをシェア

×

無料会員登録

会員登録で、スムーズな応募やスカウトがご利用いただけます。

無料会員登録はこちら