Cover Worker's Story|力の源『内装大工』(株)カナオコーポレーション | POWER WORK[パワーワーク]

Cover Worker's Story
力の源
『内装大工』(株)カナオコーポレーション

今回の職人さんは・・・

職人歴7年 村上 良二(49歳)

東京都出身。空港内の店舗勤務を経て31歳から皮革製品の製造の仕事に就く。42歳で同社に転職。両親の介護が必要になったことをきっかけに独立し、同社の仕事を請け負う。


(株)カナオコーポレーション

店舗やオフィスの内装工事をメインに手掛ける同社。愛知県に本社があり、東京支社では関東圏全域をカバー。働き方、事業内容など、時代が求めるニーズに沿って成長を続けている。

◆ 03・6456・0839
◆ 東京都江戸川区東葛西2-20-2(東京支社)
http://kanao-corp.com
◆ 設立1997年 ◆ 職人数約14人(東京)

できることを一つずつ積み重ねる。楽しさが一つずつ積み重なる。

 新たな技術の習得。知識の吸収。40歳を超えての転職は多くの覚悟が必要だ。それでも転職を決断した村上。不安の感情はすぐ期待に変わった。

「大工仕事はまったくの未経験。働き始めると『今日はコレができた』という積み重ねの毎日。新たなことを覚える楽しさを感じ、いつの間にか不安はなくなっていましたね」

 順調に経験を積み重ねた。楽しさも増えた。そして5年経った頃、退社した。

「両親の介護に関わる時間を増やさなければならなくなり、それまで通りに働けなくなりました。辞めるしかないと思って退社したのですが、その後も手伝いという感じで現場には出ていたんです。そんなとき、私の事情を知った社長から、独立開業制度があることを聞きました。自分の責任において時間に融通を付けられ、収入も今までと変わらない。これで仕事の楽しさも大切な家族も両立できるようになりました」

 思惑通りの人生はない。予期せぬ転職や退職に直面することもあるだろう。村上は幸運だった。今もなお、仕事の楽しさを積み重ねられる職場があった。

力の源は『柔軟な職場』

やりがいを感じていた仕事を村上が継続できた要因は、会社が「独立」という選択肢を用意していたこと。誰もが働き続るための柔軟な対応ができる職場だ。


POWER WORK240号 2021.6.7発行
Photos/ Mahoro Shimizu, Composition/ ad-giga

特集コンテンツ一覧に戻る

POWER WORK(パワーワーク)

建設業界を応援し続けるパワーワーク!!
POWER WORK(パワーワーク)は、建設業を中心に運送や資源循環、警備業など、様々な現場の求人情報をお届けしている媒体です。業界内で圧倒的な専門性と認知度を持っており、求人の掲載を通して、仕事のやりがいや職人という仕事の魅力を多くの方に伝えています。今後も求職者様と企業様の懸け橋となれるよう、わかりやすい情報配信に努めると共に業界全体の活性化、人材の育成や技術の継承を全力で応援してまいります。

このページをシェア

×

無料会員登録

会員登録で、スムーズな応募やスカウトがご利用いただけます。

無料会員登録はこちら