Cover Worker's Story|力の源『配管設備工』(株)О・E・C | POWER WORK[パワーワーク]

Cover Worker's Story
力の源
『配管設備工』(株)О・E・C

今回の職人さんは・・・

職人歴4年 小関 直志(36歳)

青森県出身。高校卒業後、鉄筋工と飲食店勤務を経て設備工になる。安定した職場を求めて3年前に同社へ転職。40歳までに一級管工事施工管理技士を取得することが目標。


(株)О・E・C

都内をメインに高層ビルや工場で設備工事、空調設備工事、衛生設備工事を請け負う同社。大型物件が多いので、未経験者もじっくり仕事を覚えながら成長できる環境がある。

◆042・561・4489
◆ 東京都武蔵村山市学園1-5-10
https://oec-recruit.com
◆ 設立2005年 ◆ 従業員数約15人

意欲を湧き立たせる環境のある職場。成長を実感させ、楽しさを教えてくれる先輩。

 一年の経験はあったが、小関は「ほぼ未経験です」と伝えて入社した。実際、それまでは日々の雑務に追われ、成長の実感はなかった。ただ、ものづくりの楽しさは発見していた。

「面接の段階で具体的な仕事の流れを教えられ、指導員がいることを聞き、そして自分の考えを聞いてもらえる。私が求めていた安定した仕事と生活が実現しそうだと思って転職しました。現場に出れば先輩がやって見せてくれ、理屈を教えてくれ、その後にやらせてもらえる。以前は意味も解らずやっていた作業なのに、教えてもらえるだけでこんなに楽しいとは思ってもみませんでした」

 成長には環境が重要。その環境は千差万別。小関の成長に相応しい環境は、転職によって見つかった。
「頭の中で次々と施工の流れが湧いてくる。それが楽しいんです。明日の段取りや作業をイメージして、その際に忘れちゃいけないことややりたいことを思い浮かべる。現場に立ったら理想とは別に、責任と緊張感の中で行動する。それが楽しくてしょうがない。すべては成長を実感させる環境のおかげです」

力の源は『楽しく感じさせる環境』

仕事が楽しいとき、一緒に働く仲間との空気感も良好になる。 チームで働く建設業の醍醐味だ。小関は現場だけでなく、 すべての環境が気に入っている。


POWER WORK239号 2021.5.24発行
Photos/ Mahoro Shimizu, Composition/ ad-giga

特集コンテンツ一覧に戻る

POWER WORK(パワーワーク)

建設業界を応援し続けるパワーワーク!!
POWER WORK(パワーワーク)は、建設業を中心に運送や資源循環、警備業など、様々な現場の求人情報をお届けしている媒体です。業界内で圧倒的な専門性と認知度を持っており、求人の掲載を通して、仕事のやりがいや職人という仕事の魅力を多くの方に伝えています。今後も求職者様と企業様の懸け橋となれるよう、わかりやすい情報配信に努めると共に業界全体の活性化、人材の育成や技術の継承を全力で応援してまいります。

このページをシェア

×

無料会員登録

会員登録で、スムーズな応募やスカウトがご利用いただけます。

無料会員登録はこちら