Cover Worker's Story|力の源『型枠解体工』(株)岩永建設 | POWER WORK[パワーワーク]

Cover Worker's Story
力の源
『型枠解体工』(株)岩永建設

今回の職人さんは・・・

職人歴18年 型枠解体工 菅野 俊一(37歳)

埼玉県出身。条件の良い仕事を求めて型枠解体工になり、最初の会社で仕事の魅力にはまる。現場で後に今の会社の社長と知り合い、さらなる向上を求めて同社に転職。


(株)岩永建設

型枠解体を専門に行う同社。現場は都内が中心で、商業ビルやマンション、学校など大型の現場を多数請け負う。職人の年齢層は20代から30代が大半の若さで、勤続率の高さは抜群。

◆03・5967・0310
◆ 東京都板橋区三園1-44-28
◆ 創業2013年 ◆ 従業員数32人

若い頃に教えられた働く充実感。若い職人に教えたい仕事の魅力。

 褒められることが明日の活力だった。働き始めた頃の菅野にとって、仕事の内容よりも、働くこと自体が楽しかった。1日に1つ、仕事で新たなことを覚えることで褒められ、そして給料に反映される。それが努力を惜しまない理由だ。

「一生懸命に努力すれば報われる。そのことがとても嬉しかったんです。頑張りすぎると周りから浮くと思い、それなりの行動で納得してしまう人は多いと思います。自分はそれが違うことを働き始めて知りました。ちょっとしたことでも褒められ、気分良く働き、辛さを感じる前に、いつの間にかキツいことも進んで挑戦。それが当たり前になっていました。働くこと自体を好きになっていたんです」

 現在までに多くの後輩を育ててきた菅野は「褒めて伸ばす」を重視している。
「自分が教わったようにしか後輩に教えられない。だから自分はまず褒める。教えてから分かったことは、本人のやる気が出るだけじゃありませんでした。仲間のために頑張れる空気をつくれるんですね。一人だけ頑張ってもたかが知れてる。 仲間意識が現場には役立ち、結果を残せるんです」

力の源は『褒められる実感』

経済的にも人間的にも成長することが本人にやる気を出させる。褒めることはそのすべてに良い影響を与えること菅野は知っている。


POWER WORK234号 2021.3.8発行
Photos/Yuzo Matsutani, Composition/ ad-giga

特集コンテンツ一覧に戻る

POWER WORK(パワーワーク)

建設業界を応援し続けるパワーワーク!!
POWER WORK(パワーワーク)は、建設業を中心に運送や資源循環、警備業など、様々な現場の求人情報をお届けしている媒体です。業界内で圧倒的な専門性と認知度を持っており、求人の掲載を通して、仕事のやりがいや職人という仕事の魅力を多くの方に伝えています。今後も求職者様と企業様の懸け橋となれるよう、わかりやすい情報配信に努めると共に業界全体の活性化、人材の育成や技術の継承を全力で応援してまいります。

このページをシェア

×

無料会員登録

会員登録で、スムーズな応募やスカウトがご利用いただけます。

無料会員登録はこちら