特集!!|パワーワークが若者たちに伝えたい『自信&勇気〜プライドとパワー〜』日本体育大学柏高等学校サッカー部 | POWER WORK[パワーワーク]

目標に向かって日々努力する生徒たちに送りたいプライドとパワー。 パワーワークは日本体育大学柏高等学校サッカー部のスポンサードを開始。そこで放課後の練習風景を取材しました。

高校サッカー界で進む
ロゴ入りのユニフォーム。

 近年、企業からのスポンサードを受けて活動を充実させている高校サッカー部が増えている。ロゴ入りのユニフォームは、全国高等学校体育連盟(高体連)が主催する全国高校サッカー選手権大会(冬の選手権)やインターハイでは認められない。しかしそれ以外の大会である高円宮杯プレミアリーグやプリンスリーグ、都道府県リーグなどではスポンサーロゴが入ったユニフォームの着用が認められている。
 高校サッカー界で最初にロゴ入りユニフォームを採用したのは、京都府の私立京都橘高校サッカー部。その後、青森山田や東福岡、前橋育英など強豪校を中心に増え、千葉県では市立船橋に次いで日体大柏がパワーワークのロゴを胸にデザインしたユニフォームを付けている。

「応援してくれる人がいる」
その実感が成長させる。

 強豪校渦巻く千葉県では2校目として、昨年から本誌パワーワークが日本体育大学柏高等学校(以下、日体大柏)のスポンサードを開始。胸に大きなパワーワークのロゴを付けた選手たちは、2021年1月に開催されたニューバランス杯(裏選手権)で準決勝進出を果たした。  私たちパワーワークが選手たちに提供できたものは何か? 総監督の片野氏にインタビューをした。

片野さん「スポンサーロゴのあるユニフォームは『応援してもらっている』という実感をリアルに感じています。生徒たちの大多数が目指しているプロの世界は、多くのファンから応援してもらわなければ成り立ちません。今の生徒たちにとってはテクニックだけを磨くのではなく、応援されることを実感し、その期待に応えるために練習して結果を残すことが大切。ユニフォームという具体的な形を通し、多くの応援を胸に感じてプレーするプライドと、より一つ上のステージで頑張る勇気をもらったと思っています」

 サッカーでは応援してくれるファンを〝12番目の選手〟と表現することがある。パワーワークは汗を流して働く一人ひとりの12番目の選手。成長に必要な自信と挑戦する勇気を与え、頑張る若者をこれからも応援したい。

 2種類のパワーワークロゴ入りユニフォーム。監督の根引謙介氏(右)とコーチの菅沼実氏(左)は柏レイソルの元選手。  日体大柏は柏レイソルと2015年より相互支援を目的とした提携を結んでいる。柏レイソルから同校サッカー部への指導者派遣はその一環。

Q.胸にパワーワークのロゴが入ったユニフォームを着ることで、何か変化はありましたか?

A.今まで以上に応援に来てくれる方々や相手チームから見られているように感じました。最初は単純に「ロゴ入りのユニフォームがカッコイイ」という理由でモチベーションは上がっていました。今ではスポンサー企業の皆様のサポートを受ける事で、支えてもらっているという感謝の気持ちを持って、試合に臨んでいます。

Q.今年の目標は?

A.まずは千葉県制覇。今年、延期開催となっている新人戦は取りに行きます。その後はプリンス昇格と全国大会でのベスト8を目標にします。

キャプテン
土屋 巧くん
栃木県宇都宮市出身。DF。
好きな選手はエジル。

POWER WORK 233号 2021.2.22発行
撮影●酒井一郎 構成・取材・文●アドギガ

特集コンテンツ一覧に戻る

POWER WORK(パワーワーク)

建設業界を応援し続けるパワーワーク!!
POWER WORK(パワーワーク)は、建設業を中心に運送や資源循環、警備業など、様々な現場の求人情報をお届けしている媒体です。業界内で圧倒的な専門性と認知度を持っており、求人の掲載を通して、仕事のやりがいや職人という仕事の魅力を多くの方に伝えています。今後も求職者様と企業様の懸け橋となれるよう、わかりやすい情報配信に努めると共に業界全体の活性化、人材の育成や技術の継承を全力で応援してまいります。

このページをシェア

×

無料会員登録

会員登録で、スムーズな応募やスカウトがご利用いただけます。

無料会員登録はこちら